保育士が知っておきたい児童家庭福祉の法律

児童家庭福祉に関連する主な法律/食育基本法

児童家庭福祉に関連する主な法律/食育基本法

食育基本法の制定は2005年で、その目的は、
健全な食生活を実践することができる人間を育てる食育を推進する事です。

 

食育基本法の前文の中で強調されているのは、
「食育のなかでも、特に子ども達に対する食育の重要性」デス。

 

そして、総則の中でも、子どもの教育や保育等を行なう者の、
食育推進における役割と責務が述べられています。

 

 *食育とは

 

  食育とは、生きるうえの基本であり、知育、徳育及び体育の基盤となるべきものであり、
 さまざまな経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、
 健全な食生活を実践することができる人間を育てることです。


ホーム RSS購読 サイトマップ