保育士が知っておきたい児童家庭福祉の法律

福祉事務所

福祉事務所

福祉事務所は、社会福祉法第14条に規定される福祉に関する地方公共団体の事務所で、
都道府県及び特別区を含む市に設置されています。

 

福祉六法(都道府県設置のものについては
生活保護法、児童福祉法、母子及び寡婦福祉法のみ)に定める援護、
育成、または厚生の措置に関する事務を行う機関です。

福祉事務所の職員

都道府県設置の福祉事務所には、専門職員として以下のような職種が配置されています。

 

 ・社会福祉主事
 ・身体障害者福祉司
 ・知的障害者福祉士など

福祉事務所の役割

福祉事務所は、児童家庭福祉に関しては、
市町村長や都道府県知事から委任を受けた場合、
保育や助産、母子保護の実施を行います。

 

また、都道府県設置の福祉事務所では、要保護児童の通告を受けた場合、
児童や保護者に対する指導、必要に応じては児童相談所への送致などを行います。

 

特に、児童虐待に関する通告を受けた場合は、
必要に応じて近隣住民や関係者の協力を得て、
児童の安全の確認に務め、必要に応じて児童相談所に送致します。

福祉事務所の家庭児童相談室

福祉事務所には、家庭児童相談室が設置され、
家庭児童福祉に関する相談指導業務の充実強化を図っています。

 

専門職員としては、家庭児童福祉の業務に従事する
社会福祉主事と家庭相談員が配置されています。

 

家庭児童相談室で社会福祉主治や家庭相談員が行う相談内容は、
養護相談(虐待など)、育成相談(育児相談、情緒相談)、
障害相談に関するものが多くなっています。


ホーム RSS購読 サイトマップ